この記事を読むのにかかる時間: 1

クレベリンの赤ちゃんへの影響を除菌剤メーカーが考えます。

結論から書くとクレベリンの原材料と使用用途・使用の口コミをみて総合的に判断した結果、クレベリンは赤ちゃんがいる環境では使用を控えた方がいいという結論に至ります。

 

その理由を詳しく述べていきますね。

 

まずクレベリンの主成分である二酸化塩素について。

二酸化塩素は日本では除菌剤としての未認可の成分です。二酸化塩素の除菌効果と安全性には検証段階で空間除菌としての効果を疑う声が多いのが事実です。

 

 

公益財団法人日本学校保健会さんのサイト内には、

 

たとえ、二酸化塩素がウイルス等を死滅させる事実があっても、日本においてウイルス感染を予防できる旨を商品の効果・効能として表示するには厚生労働大臣による医薬品としての製造販売承認が必要である。現状としては医薬品として販売されている製品はなく、雑貨として販売されているにもかかわらず不適表示・広告している製品がみられることから、注意が必要と考える。

 

 

と書かれています。ウイルスを死滅させる効果が本当にあるのか以前に認可されていないもので安全性も分からないものを大切な赤ちゃんがいる環境で使えるのか?という疑問が生じます。

 

更に他のサイトを覗いていくと、日本医事信報社さんのHP内でも、

 

市販の二酸化塩素製剤は密閉空間での殺菌効果はある程度認められるようですが,ペン型やネームホルダー型等の携帯型もあります。動きのある空間での効果はどの程度確認されているのでしょうか。(千葉県 C)

【回答】

殺菌効果に一定の評価ができず,人体への安全性も確立されていない

 

となっています。

この回答と同じく、二酸化塩素の殺菌効果と安全についてはまだまだ研究段階ということが分かってきます。では、なぜ二酸化塩素を使った製品が除菌効果があり安全である!という形で表示されるケースが多いのでしょうか。

それは、二酸化塩素の効果と安全性の実験は、経口摂取のみで、空間除菌で使われる用途では実証されていないことにあります。

 

南沢社長
空気中に放出された二酸化塩素を長時間浴びた場合の安全性が分かっていないんです。

 

スポンサーリンク

二酸化塩素の安全性実験は空間除菌で実験されていない

クレベリン

 

二酸化塩素の安全性は経口摂取のみで確認されています。※経口摂取とは食べ物や薬を口から摂り入れることを指します

 

しかし、クレベリン等の空間除菌の商品は二酸化塩素を発生させて空間除菌をする製品です。塩素ガスが発生し人体への安全性が確認されていないことが問題視されています。

 

赤ちゃんは粘膜が弱い

赤ちゃん

 

特に赤ちゃんは鼻腔の粘膜が弱いので二酸化塩素を長時間曝露された場合、本当に安全なのか分からないといった感じです。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんのことを考えるなら安心安全な空間除菌剤を選ぼう

 

空間除菌ミストスプレーのelimonは水に戻る安全な除菌剤です。食品添加物から作られているので仮に口に入っても安心です。

トリガーを引くとミストスプレーが放出され、空気中に潜むインフルエンザウイルス、ノロウイルスを瞬間除菌可能です。

 

子供がいる環境でも気兼ねなく使えますし、誤飲の心配がないのでオススメです。

 

 

本当に家族のことを思うなら、空間除菌ミストelimonをお試し下さい。

 

 

運営会社
エコシンフォニー株式会社
長野県で除菌消臭剤を開発するメーカー。
『より良い物を世の中へ!』をモットーに日々研究開発中。お問合せは以下からお気軽にどうぞ!
Mail:info@ecosymphony.com
TEL:0268-23-5833
Twitter:https://twitter.com/elimon_bielimo

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事