この記事を読むのにかかる時間: 2

災害で被災した場合、避難所生活を余儀なくされることがあります。避難所では食事をする場所、寝る場所が一緒になり、また水が使えないため食中毒や感染症が発生することが多いです。

避難所では何故、食中毒や感染症が発生しやすく、そしてどうすればこれらを対処できるのか。今回はその辺りを詳しく書いていこうと思います。

 

南沢社長
私が住んでいる場所は大丈夫!ではなく、備えることが大切になってきます

 

スポンサーリンク

避難所で食中毒、感染症が発生する原因は?

避難所

 

まずはどうして避難所では食中毒や感染症が発生しやすいのか見ていきましょう。

◦水が使えない環境で衛生面に問題がある

避難所では使える水の量が限られています。日常生活でいつも使用している、食事の前に手を洗う、トイレ行ったら手を洗う、汚れたら手を洗う、体を洗う時には必然的に水を使いますよね。これらの生活で使用する水が使えなくなる環境が食中毒や感染症の発生、そして感染を促進させます。

 

◦衣食住が限られた個人スペースになる

避難所では個人のスペースが限られます。その狭いスペースで衣食住をこなす為、菌やウイルスの増加を助長してしまいます。(3つ目の原因に関連)

 

◦集団生活が余儀なくされ、オープンスペース

避難所では個人のスペースが狭く、集団生活になります。広い体育館の中、それぞれのスペースが与えられるだけなので、仕切りがありません。食中毒や感染症が発生すると蔓延しやすいことが挙げられます。

 

◦残飯やゴミの処理が上手くできない

避難所では残飯やゴミの処理が上手くいかないケースがあります。残飯やゴミから菌やウイルスが増殖し、しっかり管理されないまま人間が触ったりすることで人から人へ菌やウイルスが移っていきます。

 

◦体が疲れ免疫力が落ちる

避難所生活は思った以上に体力を使います。硬い床の上に敷いた布団では体は休まりません。集団生活では音や匂いが気になります。衛生面で不快な思いをします。などなど体や精神が疲れる理由が多いです。元気でしたら菌やウイルスに負けない状況でも避難所生活だと免疫力が落ちることで食中毒や感染症に掛かりやすくなってしまいます。

 

◦下水が混じった水を使用する可能がある

避難所では下水が混じった水を使用しなければいけない可能性があります。下水には消毒されていないため、様々な菌やウイルスが存在しています。この水で手を洗ったりしなければいけない状況があり、またその手でご飯を食べたり様々な場所を触る訳です。その結果菌やウイルスが移動し、感染症や食中毒を引き起こす原因になる訳です。

 

 

 

食中毒や感染症が発生する原因を見ていくと管理できることもあります。しかし、衛生面は水が使えない環境では整えるのが難しくなってしまいます。

 

日常生活でしたら菌やウイルスの対策は厚生労働省が掲げている『つけない・増やさない・やっつける』に順次るのが良いですが、避難所生活だとつけない、増やさないがそもそも難しくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

食中毒やウイルスが感染する方法を学ぶ

◦食中毒の感染経路

食中毒を引き起こすのは菌やウイルスです。黄色ブドウ球菌、大腸菌o-157など一度は聞いたことがある人も多いでしょう。

食中毒を引き起こす菌やウイルスが増殖した食材を食べることで人は食中毒に掛かってしまいます。

 

◦ウイルスの感染経路

食中毒を引き起こすウイルスで有名なのはノロウイルスです。ノロウイルスは寒い時期に流行るものだと思われていますが、実は一年中発生しています。

ノロウイルスは感染力が強く、人から人への感染力が非常に強力です。

 

避難所では食品や人の嘔吐、下痢移る接触感染に気を付ける

食中毒や感染症は経口感染と言って、 汚染された水・食品や感染した人の嘔吐物や糞便を適切に処理できず感染するケースがほとんどです。

避難所生活でも経口感染によって食中毒や感染症に掛かることがあり、切に処理することが難しい避難所生活では尚更経口感染率が高くなります。 仮に適切に感染者の嘔吐物、排泄物を処理できたとしても、それを捨てる場所が難しいからです、衛生的に管理するのが避難所では難しい現実があります。

 

スポンサーリンク

避難所生活で食中毒や感染症に掛からない為に出来ること

◦生物は控える

食事をとる場合加熱された食品を取るように心がけて下さい菌やウイルスは熱を通すことで死滅するものが多いです。避難所生活では生ものを取ることはオススメしません。

 

◦手指消毒が出来るアイテムは必須

汚染物を触った手から菌やウイルスは移動します。そのため手指消毒できるアイテムを用意しておくことで感染率を下げることが出来ます。

 

◦残飯・ゴミの管理を考える

災害時はとにかく生きることを考えてください。残飯やゴミは衣食住をするスペースから遠い場所に設定し燃やしてしまうことも必要です。なるべく多くの人が行き来する場所は控えるようにしましょう。

 

◦食事をするところ、寝る所は分ける

避難所では衣食住が一緒になる傾向があります。食べる所、寝る所が一緒になると食品の食べかすなどから菌が増殖し感染症に掛かる恐れがあります。必然的に衛生面が気になることが多くなる避難所生活。せめて食事をするところ、寝る所はしっかり分けることをオススメします。

 

避難所生活で用意しておきたい物

◦ウエットティッシュ

避難所生活では水不足が懸念されることは先ほどから書いていますが、ウエットティッシュはその水不足を解消して手を拭けるアイテムなので重宝します。

100均とかにもウエットティッシュは売っていますが、シートが薄かったり水分が少なかったりするのでホームセンターで売っている商品をオススメします。

 

◦手指を消毒する除菌液

アルコール除菌液でもいいです。手指の除菌が出来る除菌液を用意しておくのが良いでしょう。しかし、アルコール液だと汚れや水分を触れると濃度が変化して除菌効果がなくなってしまいます。ですので、上で紹介したウエットシートで汚れなどを落とし使うと効果抜群です。

 

◦空間除菌スプレー

ウエットティッシュ、除菌液に比べると優先度は下がりますが、避難所での自分のスペース周りを除菌出来るだけでも感染症に掛かりづらくなります。更に言えば、空間除菌でインフルエンザ、ノロウイルスを撃退出来る物が良いと思います。

クレベリンはインフルエンザやノロウイルスに効果がありとなっていますが、主成分である二酸化塩素の安全性と効果はまだ分かっていません。

ですので、次亜塩素酸水溶液での除菌スプレーが良いと思います。

 

◦衣類の替え

衣類の替えは非常に大切です。水が使えない状態だと洗濯が出来ません。またどんな災害に合うかですが、311のような地震と津波だと衣服が濡れ、泥だらけに。2019年10月に発生した台風19号の水害だと服が濡れてし待った人が多いです。着替えが出来ない状態が続くと日常生活とかけ離れた生活になる為ストレスが溜まりやすくなります。

 

◦水がいらない非常食

避難所生活では水が大変貴重ということを再三伝えています。非常食はカップラーメンの様な水を使う物より、水が不要なタイプを選んだ方がいいと思います。

水が不要でも美味しく食べらる栄養食が多いです。保存食を選ぶ場合、率先してこういうものを選んだ方がいいと思います。

 

 

南沢社長
特にウエットシートは水が不足するので重宝すること間違いなし。

 

水に戻る除菌剤ビエリモなら菌やウイルスを瞬間除菌

ビエリモ

 

水に戻る除菌剤ビエリモは災害時の避難所生活でも役立ちます。特に避難所で発生する食中毒菌、感染症を起こすウイルスを瞬間除菌します。

しかも、食べ物に直接吹きかけて使うことが出来ます。

 

瞬間除菌可能な菌とウイルス一覧
◦食中毒を起こす菌(黄色ブドウ球菌、カンピロバクター、O-157、サルモネラ菌、大腸菌などなどあらゆる菌や細菌を瞬間除菌)
◦ノロウイルス
◦インフルエンザウイルス
◦手足口病を起こす菌
◦ヘルパンギーナ

 

安心安全に使える除菌剤なので、災害時の避難所生活でも役立ちます。

ビエリモの効果と安全性

ビエリモ2

 

 

南沢社長
除菌剤ビエリモは災害時の避難所生活で起こる食中毒・感染症予防に役立ちます!お求めは楽天、ヤフーショッピング、公式HPから!
更に詳しいビエリモについてはこちらから

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事